夫婦のお金の管理:円満に生活費を分担、貯金するコツ

夫婦で支出を管理

たとえ仲の良い夫婦であっても、お金のことは話しづらいという人が多い。共働き夫婦の中には、相手の正確な給与額や貯蓄額を知らない人さえいる。

夫や妻に対して、生活費の分担を変えてほしい、もっと出費を減らしてほしい、将来に備えて貯金してほしいなど、言いたいことは色々あっても、なかなか話し合う機会がない、という人も多いだろう。

この記事では、そんな悩みを即座に解決してくれるアプリを紹介する。

OsidOri(オシドリ)は、夫婦が二人で使うお金管理のアプリだ。家計の共有、貯金の共有などが可能で、夫婦のお金を見える化できる。

オシドリのおすすめポイント

  1. 家族全体の支出が見える
  2. 目標額や目標期間を決めて貯金ができる
  3. アプリを使うことで、お金について夫婦で話し合う機会が増える

ぜひオシドリを活用して、円満なお金管理をスタートしてほしい。

夫婦のお金は
アプリで管理

貯金が増えないケース

夫婦ともに収入があり、家計にはゆとりがあるのに、なかなか貯蓄が増えない、そんな悩みを持つカップルも多い。

家賃と光熱費は夫、食費は妻など、項目ごとに支払いの担当を決め、残ったお金は個人で管理。そんな軽い感じの取り決めだけの夫婦もいる。当然、なかなか貯蓄は増えない。

一歩進んで、夫婦の共用口座を作り、そこに毎月決まった額をお互いに入金している夫婦も多い。こうすると毎月の支払いには便利だが、まだまだ夫婦のお金を管理できているとはいえない。

理想的なお金の管理方法は

理想は、夫の口座、妻の口座、生活費用口座、貯金用口座というように、夫婦で4つの口座を持つことだ。共用口座に毎月の生活費を分担して入金するのと同じように、貯金用口座にも、お互いが決まった額を入金していく。

生活費用と貯金用口座はいつも2人でチェックして、お金について話し合う機会を多く持つことも大事だ。とはいえ、それはなかなか難しい。そんな夫婦に必要なのがアプリOsidOri(オシドリ)だ。

家計管理のタイプ分け診断
アプリをインストールして質問に答えると
家計管理のタイプを診断してくれる

夫婦のお金も個人のお金も
アプリ一つで管理

OsidOri には個人ホーム家族ホームという2つの管理画面があり、個人のお金の管理と、夫婦のお金の管理が同時にできる。

家族ホームでは、夫婦のお金をパートナーと共有することができるので、毎月の支出を2人でチェックできる。

個人ホームは個人専用ページなので、パートナーからは見られず、夫婦でもプライバシーが確保される。

銀行口座やクレジットカード
電子マネーの履歴を反映

アプリを銀行口座、クレジットカード、電子マネーなどと連携させると、口座残高やカードの購入履歴などを自動で反映させることができる。

連携は、1つのアカウントにつき最大5つまで可能で、夫婦合わせて10の金融機関と連携できる。生活費の共用口座を家族ホームに連携しておけば、いつでも2人でチェック可能だ

アプリに銀行口座を登録して管理
銀行口座やクレジットカードの
履歴を連携できて便利

貯金も夫婦で計画的に

貯金の設定画面では、目標額、期間、夫婦それぞれの頭金、毎月の貯金額が設定できて、夫婦で計画的に貯金が始められるようになっている。

貯金用口座も家族ホームに連携し、2人で見られるようにしておけば、途中で挫折しにくいと思う。

貯金の目標を作る
貯金のタイトル、写真などを自由に
設定できるので楽しく貯金をスタートできる

まとめ

生活費の分担を変えたい、毎月の出費をもう少し抑えたい、貯金をしたい……現状を変えたくても、お金の話は切り出しにくい。

そんな時、このアプリがあれば、話しのきっかけになって、スムーズに色々なことを変更したり、始めたりできる。お金をしっかり管理して将来に備えたいカップルには必要なアプリだ。

オシドリのロゴ 夫婦のお金管理アプリ

アップルストアのバッジ Google Playのバッジ