エアアジアの路線:22カ国・150の就航都市から未来の旅先を探そう | HizaPon  

エアアジアの路線:22カ国・150の就航都市から未来の旅先を探そう

エアアジアの路線・就航都市

エアアジアは400以上の路線を持つ、アジア最大規模のLCCだ。日本からエアアジアの就航都市をたどって旅していけば、東南アジアの主要都市はもちろん、インド、オーストラリア、サウジアラビアのジェッダへも飛んで行ける。

目的地を決めてから航空券を購入する、といいうのが一般的だと思うが、「今、この都市へのフライトが安いから」とか、「この島、名前が変わっていておもしろそう!」という理由で旅先を決めるのもありだ。

150以上あるエアアジアの就航都市の中から、未来の旅先を探し出そう。

エアアジアの運航状況一覧

新型コロナウイルスの影響による
AirAsiaの運航状況

エアアジアジャパン(DJ)
名古屋-札幌 名古屋-仙台
名古屋-福岡 名古屋-台北
事業廃止(全路線の運航停止)

エアアジア(AK)
国内線(マレーシア):運航中
国際線:一部、運航中

タイエアアジア(FD)
国内線(タイ):運航中。ただし2021年2月1日~2月14日は、バンコク発着便のみ運航
国際線:運航を停止中

エアアジアX(D7)
日本発着便(札幌・羽田・成田・関空・福岡とクアラルンプール間、および関空-ホノルル、関空-台北)を含む全便が運航を停止中

タイエアアジアX(XJ)
日本発着便(札幌・成田・名古屋・関空・福岡とバンコク間)は全便運航を停止中

エアアジアインドネシア(QZ)
国内線(インドネシア):運航中
国際線:運休中。一部の路線は、2021年4月以降の便について予約を受付中

フィリピンエアアジア(Z2)
国内線(フィリピン):運航中
国際線:関西-マニラ路線を含む全便が運航を停止中

エアアジアインディア(I5)
運航中


エアアジアで航空券を予約するには準備が必要だ。いきなりエアアジアのサイトで予約しようと思っても、戸惑うことが多い。

下の記事では、エアアジアの予約方法を10のステップに分けで、わかりやすく解説した。エアアジアを一番安く予約するために必要な情報が、すべて詰まっている。

エアアジアの予約方法。エアアジアの予約方法:航空券・手荷物・機内食・座席指定もすぐわかる

エアアジア
日本発着の路線

エアアジアの国内線は、名古屋(中部空港 セントレア)-札幌、名古屋-仙台、名古屋-福岡の3路線があり、エアアジアジャパン(DJ)によって運航されていたが、新型コロナウィルスの影響により、2020年12月5日をもって事業廃止となった。

国際線はクアラルンプール、バンコク、台湾(桃園)、ホノルル、マニラの5都市へ、13の路線が開設されている。

現在、新型コロナウイルスの影響で、ほとんどの便が運休中だが、日本と相手国の出入国制限が緩和され次第、順次、運航が再開される見込みだ。

出発空港 就航都市 航空会社
札幌 クアラルンプール
バンコク
D7
XJ
羽田 クアラルンプール D7
成田 クアラルンプール
バンコク
D7
XJ
名古屋 バンコク XJ
関空 ホノルル
クアラルンプール
バンコク
台北(桃園)
マニラ
D7
D7
XJ
D7
Z2
福岡 クアラルンプール
バンコク
D7
XJ

上の表にあるエアアジアの時刻表はこちら↓

エアアジアの国際線時刻表エアアジアの時刻表(国際線):旅行プランの第一歩
注目!

これまでエアアジアのサイトでは、「出発」「到着」の欄をプルダウンすると地名(就航都市)が表示されるようになっていた。

しかし最近、自分で地名を入力する仕様になり、就航都市がわかりづらくなってしまった。

現状、エアアジアのサイトがあまりにも使いにくいので、フライト検索がしやすいTrip.comの利用をおすすめする。

Trip.comは、エアアジアのサイトと同額、あるいは、より安い料金を提示している数少ない旅行サイトだ。

blankTrip.comでフライトを検索する

世界で400路線も飛んでいる
巨大なエアアジアグループ

下の表にあるエアアジアグループの路線をすべて合計すると、なんと400以上になる。しかしエアアジアでは、路線やスケジュールが頻繁に変わるためか、グループ全体の路線図や一覧、フライトスケジュールをサイトには掲載していない。

そのため、どこを経由するとどんな都市に行けるのか、わかりづらくなっている。

日本からエアアジアX、タイエアアジアX、フィリピンエアアジアという3つの航空会社を利用して、直行便で飛べるのは海外5都市だが、そこから、エアアジアグループの路線を乗り継いでいけば、150もの都市に旅することができる。

エアアジア各社の路線数

会社名 コード 路線数
エアアジア AK 114
タイエアアジア FD 89
エアアジアX D7 32
タイエアアジアX XJ 9
エアアジアインドネシア QZ 41
フィリピンエアアジア Z2 50
エアアジアインディア I5 65

エアアジアはマレーシアの国内線を運航する会社だ。これにXが付いたエアアジアXは、マレーシア発着の国際線を運航している。

同じくタイエアアジアは、タイの国内線と近隣アジア諸国への便を運航し、タイエアアジアXはタイ発着の国際線(日本・韓国・中国への便)を運航している。

エアアジアの便名

エアアジアの便を予約したと思っていたのに、実際はタイエアアジアXだった、という思い違いはよくある。

どうしてそう思ってしまうかというと、オンライン予約サイトでも、エアアジアのサイトでも、エアアジアグループを総称して、エアアジアと呼んでいるからだ。更に理解しにくいのは、エアアジアという名前の会社もある点だ。

予約しようと思っている、あるいは予約した自分の便の、最初の2つのアルファベットを見れば、どの航空会社の便かがわかるようになっている。

XJ601 はタイエアアジアXの601便、D71はエアアジアXの1便というようになる。

世界遺産へのバルーンツアー
エアアジアで世界遺産のバルーンツアーへ

フライスルーで
世界を旅しよう

日本発の国際線はバンコク、クアラルンプール、ホノルル、台北、マニラへしか飛んでいないので、22カ国・150もある就航都市へは、直行便ではなく、エアアジアを乗り継いで行くことになる。

乗り継ぎの拠点となるのはマレーシアのクアラルンプールとタイのバンコクだ。

フライスルー(FLY-THRU)とは

エアアジアで、飛行機を乗り継いで旅行をする場合、ぜひ利用したいサービスがフライスルーだ。まず、フライスルーとは何か、利用すると、どんなメリットがあるのかを説明しよう。

  1. 出発地で預けた荷物は、最終の目的地で受け取ればいい(経由地でいったん荷物を受け取り、また預け直す必はない)
  2. 接続便の出発時間までは空港内に滞在し、基本的には空港の外には出ない
  3. 経由地では、入国手続きは不要で、空港利用税も不要
  4. 最初のフライトが遅れ、経由地で接続便に乗り遅れた場合、エアアジアが無料で次の便を手配してくれる

4つ目の、エアアジアが無料で次の便を手配してくれるというのがフライスルーを利用する最大のメリットだ。

もしフライスルーを利用しなかった場合はどうなるか。たとえば羽田からクアラルンプールを経由してバリ島(デンパサール)まで行く場合……

羽田-クアラルンプールのフライトが遅れ、デンパサール行きのフライトに間に合わなかったとする。この場合、クアラルンプール-デンパサール間のフライトは無効になってしまい、また航空券を自分で買い直さなくてはならない。

そんなことは絶対に避けたい!ですよね。

熱帯雨林をトレッキング
エアアジアで熱帯雨林のトレッキングへ

フライスルーの条件

エアアジアで乗り継ぎをするなら、ぜひ利用したいフライスルーだが、フライスルーを使うにはいくつか条件がある。

  1. 経由地はクアラルンプールのKLIA2(クアラルンプール国際空港・第2ターミナル)、バンコクのドンムアン空港のみ
  2. 国際線から国際線、国際線から国内線、国内線から国際線の乗り継ぎに適用される
  3. KLIA2では90分から18時間以内、ドンムアン空港では90分から6時間以内の乗り継ぎに限られる

  4. 航空券は最終目的地まで一緒に、同じタイミングで購入すること

フライスルーの利用方法

成田からバンコクを経由してタイのクラビに行く場合を例に、説明しよう。
まずエアアジアのサイトでフライトを検索する
「出発地」の中から「成田」を選ぶ。
「到着地」の欄に「クラビ」と入力する
注意! 経由地であるバンコクは、ここでは入力しない。

このまま往路・復路の出発日を選んで「フライト選択」へと進んで行けば、自動的にフライスルーが適用される。

最初に成田-バンコクのチケットを購入し、次にバンコク-クラビのチケットを購入する、というように区切って航空券を購入すると、フライスルーは適用されないので注意しよう。

エアアジアのサイトでフライスルー可能か確認できる

フライスルーに関するQ&A

Q.フライスルーの料金は?

特別な料金は不要。

Q.フライスルーはどうやって申し込む?

申し込む必要はない。フライスルーの条件を満たしている航空券をエアアジアのサイトで購入すれば、自動的に適用される。購入の際には、最終目的地まで通しで航空券を買うこと。

Q.どの就航都市へもフライスルーで行ける?

フライスルーの条件を満たす便が飛んでいない場合は、その都市へはフライスルーでは行けない。

同一路線に複数のフライトがある場合、便によってはフライスルーの条件を満たしていない場合もあるので、経由地での待ち時間が条件に合っているか確認しよう。

Q.自分の予約がフライスルーになっているか確認する方法は?

出発地-経由地、経由地-到着地の2つのフライトの予約が、同じ予約番号で購入されていればフライスルーが適用されている。

不安な場合には、出発時に空港カウンターで、フライスルーで予約できているか確認しておこう。

預け入れ荷物にはフライスルーのタグが貼られる

クアラルンプール乗り継ぎ
フライスルーで行ける主な都市

出発空港 就航都市
.
札幌 羽田 成田 関空
札幌 羽田 関空
タイ
プーケット
クラビ
札幌 羽田 成田 関空 シンガポール
.
札幌 羽田 関空
ベトナム
ホーチミン
.
羽田 関空
カンボジア
シェムリアップ
.
札幌 羽田 成田 関空
札幌 羽田 関空
札幌 羽田 成田 関空
札幌 関空 成田
羽田 関空 成田
札幌 羽田 成田 関空
羽田 関空
インドネシア
ジャカルタ
デンパサール
スラバヤ
バンドン
ロンボク
メダン
ジョグジャカルタ
.
札幌 羽田 成田 関空 福岡
札幌 羽田 成田 関空 福岡
札幌 羽田 成田 関空 福岡
札幌 関空
オーストラリア
シドニー
パース
メルボルン
ゴールドコースト
.
羽田 成田 関空
モルディブ
マレ
札幌 羽田 成田 関空
福岡
ブルネイ
コタキナバル
バンダルスリブガワン
.
羽田 関空
羽田 関空
羽田 成田 関空
羽田 成田 関空
インド
デリー
ジャイプール
アムリトサル
チェンナイ
.
羽田
スリランカ
コロンボ
.
札幌 羽田 成田 関空
札幌 羽田 成田 関空
札幌 成田 関空
マレーシア
ペナン
ランカウイ
ジョホールバル
アイランドホッピングを楽しもう
エアアジアでアイランドホッピングへ

バンコク乗り継ぎ
フライスルーで行ける主な都市

出発空港 就航都市
.
名古屋
マレーシア
クアラルンプール
札幌 成田 名古屋 関空 シンガポール
.
札幌 成田 名古屋
関空
インドネシア
ジャカルタ
デンパサール
.
成田 名古屋 関空
成田 関空
成田 関空
ベトナム
ハノイ
ホーチミン
ダナン
.
成田 関空
モルディブ
マレ
.
札幌 成田 関空
カンボジア
シェムリアップ
.
成田 関空
成田
成田 関空
成田
インド
コルカタ
バンガロール
ジャイプール
チェンナイ
.
成田 関空
スリランカ
コロンボ
.
札幌 成田 名古屋 関空
札幌 成田 名古屋 関空
札幌 成田 名古屋 関空
札幌 成田 名古屋 関空
タイ
プーケット
チェンマイ
チェンライ
クラビ

フライスルーの注意点

上の表では、フライスルーで行ける路線の中で、観光地として人気のある都市をピックアップして掲載した。

フライスルーで行けるとはいっても、場所によっては、クアラルンプールかバンコクで、かなりの待ち時間がある。

特にクアラルンプール経由の場合、フライスルーの条件が90分~18時間以内の乗り継ぎになっているので、最長で18時間近く、空港に滞在する場合もあるということだ。

短時間で乗り継げる便もあるが、羽田からシドニーへの便のように、フライト時間とクアラルンプールでの待ち時間を合わせると、行きが18時間45分、帰りが26時間45分という長時間になる便もある。

経由地のひとつであるクアラルンプール
経由地のクアラルンプールや
バンコクで1泊したり…旅のプランは色々

フライスルーを利用しない
という選択肢もある

空港で長い時間を過ごすのはいやだ、せっかくなら経由地も観光したい、という人も多いだろう。時間に余裕があるなら、ぜひフライスルーを利用しない旅にもチャレンジしてみよう。

たとえば、行きはフライスルーで成田-バンコク-プーケットと飛んで、帰りはバンコクで1泊して、遊んでお土産も買って帰るという楽しみ方もある。

フライスルーを利用しない場合は、フライトの遅延の可能性を考えて、経由地で1泊するなど、かなり余裕を持ったスケジュールを組んだほうがいい。

フライスルーでなければ、クアラルンプールとバンコク以外の都市を経由する旅行プランも立てられる。

たとえば関空からマニラへ飛んで、そこからホーチミン、デンパサール、セブ、ダバオ、カリボなどへ飛ぶことも可能だ。関空、名古屋から台北を経由してセブ、チェンマイというルートもある。

エアアジアの路線・就航都市の中から、自分に合ったルート、未来の旅先を探し出そう。

ただし、フライトスケジュールは予告なしに変更されることがあるので、旅のプランを立てる前にエアアジアのサイトで確認を!


関連記事

ツアーとアクティビティ海外旅行の計画は現地ツアー選びが決め手:世界を体験しに行こうプーケット、バンヤンツリーのプール付きヴィラプーケットの雨季、ホテルのおすすめは全室プール付きバンヤンツリー