時短テクニック15:料理もメイクも掃除・洗濯も、これで時短成功

時短テクニックを使って自分の時間を手に入れる

日々忙しく仕事や家事をこなす人の一大関心事「時短」。 時短レシピ、時短メイク、時短エステ、時短家電、時短シャンプーなど、あらゆる場面で時短したいと考えている人がたくさんいる。

時短は、ちょっとした工夫や発想の転換をするだけで実現できることも多いが、時短グッズやサービスを利用するのが一番楽だし効果も高い。

「お金をもらって時間を売るより、お金を出して時間を買え」。最近、よく目にする言葉だ。お金で時間を買い、そうやって手に入れた時間は、自分にとって最も価値のある行動に費やす。そうすれば、長い目で見て人生の収支はプラスになる、という考え方だ。

なんだか気が楽になる、いい考え方だ。一人で頑張り過ぎず、今の自分に必要なものをどんどん取り入れて、大切な自分の時間を手にしよう。

朝時短グッズ

朝やるべきことは完璧にやり切った、と言えるような朝は滅多にない。何かをあきらめたり、たとえやり切ったとしても朝からぐったり、ということが多い。

そんな日々を繰り返さないために、洗顔からメイクまで、朝の身じたくが早く終わるグッズを使ってみた。朝のバタバタと、さようならできた!

朝、顔を洗う? 洗わなくて大丈夫

朝用ふき取り化粧水シート

サッとひと拭きで洗顔から保湿までできる化粧水シート。朝起きたらこのシートで顔をふくだけ。10秒もかからない。普通(さらさら)タイプと、しっとりタイプの2種類がある。

参考価格:850円(税別) /35枚入

モーニングスキンケアマスク

マスクを顔に60秒貼っておくだけで、洗顔からスキンケア、保湿下地まで完了。目が覚めたら乾燥で肌がガサガサ、という朝にぜひ。

参考価格:1,500円(税別)/46枚入

コンタクトの着脱時間を短縮

コンタクトつけはずし器具

ソフトコンタクトレンズ用の装着器具だ。爪が長くて付け外しに時間がかかる人、指での装着がうまくいかず手間取る人、手を洗う時間を節約したい人には必要な器具だ。

メイクをした後に、コンタクトを入れていないことに気づくことがあるが、指でコンタクトを入れると、指についた保存液で目の周りのメイクが崩れてしまう。そんな時もこのmeruruを使えば、メイクがあまり崩れず装着できる。

参考価格:2,017円(税込)

化粧ポーチはひっくり返さない

ポーチからメイク道具を一つずつ出すのが面倒で、中身を全部ぶちまける派は多いと思う。私もとりあえず全部出して、しかも究極に時間がない時には、すべてのフタを開けておいてからメイクを始める。

巾着タイプ化粧ポーチ

巾着タイプの化粧ポーチなら、 ポーチの中からメイク道具を出す必要がない。 ヒモを緩めてポーチの口を広げるだけだ。

このタイプのポーチ、最初は旅行用として認識されていたが、メイク道具が多い人たちの間で人気となり、普段使いしている人がほとんどだ。価格は1,300円前後。

watona化粧ポーチ

メイク道具を広げるスペースが狭い場合は、がま口タイプのポーチが便利だ。  ポーチが自立して、口が大きく開くので、メイク道具が出し入れしやすい。

watonaの製品は和とナチュラル素材を使い、すべて京都で作られている。サイズとカラーバリエーションが豊富なので、自分のメイク道具の量に合わせて好きなサイズと色を選ぼう。

参考価格:1,600円(税込)

クレンジングシートをもっと活用

メイクポーチはずぐに汚れが付いてしまうが、それはファンデーションなど、化粧品が付いた手でメイク道具を触ってしまうから。

メイクが終わったら、手に付いた汚れをクレンジングシートで落とし、ついでにメイクブラシも拭いておく。こうすればポーチに汚れが付かず、手を洗う時間も短縮できるし、タオルの汚れも少なくなって、時短になる。

水クレンジングシート モイスト

オイルフリーなのに汚れがよく落ちて、しかも使用後の保湿力も高いクレンジングシート。それでいてコスパも抜群。

参考価格:550円(税別)/46枚

献立から片付けまで
料理の時短

献立は1週間分考える

献立は1日ずつではなく何日か分、できれば1週間分をいっぺんに考え、買い物リストを作ってしまう方が、時短になるし節約もできる。

レシピ動画アプリ・クラシル

レシピや献立アプリは多数あるが、おいしさとメニューの豊富さの点では、クラシルが群を抜いている。レシピ動画は3,200本以上あり、どれも1分間でサクッと見られ、管理栄養士が監修しているので健康面にも配慮されている。

クラシルには献立から買い物リストを自動作成する機能があるので、1週間の献立を決め、買い物リストを作っておけば、時短になるだけでなく、節約にもつながる。献立、買い物、調理に関わる時間を短縮したい人には必要不可欠なアプリだ。

クラシルの詳しい使い方を知りたいなら↓

献立から買い物リストを自動で作る1週間の献立と買い物リストはアプリで作成。レシピ動画で簡単調理

クラシルをすぐに使てみるなら↓
» クラシルのアプリ(無料)をダウンロードする

献立作りも簡単

固いバターにイライラしない

ガジェコン バターカーラーナイフ

冷蔵庫から出してすぐのカチカチのバターをパンに塗るのは、面倒で時間もかかるし、塗り過ぎて不本意にカロリーを過剰摂取しがちだ。

このバターカーラーナイフなら、固いバターでも問題なし。バターが細い糸状に削れて軟らかくなるので、パンに塗りやすい。

同じように糸状に削るタイプのバターナイフが他にも販売されているが、バターの上の面しか削れないものがほとんどだ。このナイフなら、横の面もうまく削れるので便利。

パール金属のガジェコンシリーズには他にアボカドカッター&マッシャー、プチトマト一発スライサー、パイナップルローリングカッターなどなど、試してみたくなる調理器具がたくさんある。

参考価格:770円(税込)

1合が17分で炊ける炊飯器

タイガー 炊飯器 炊きたて JPK-A100W

「早炊きメニューよりもっと早く!」をかなえる少量高速メニューを実現した炊飯器。1合なら約17分で炊きあがる。2合でも25分程度だ。

ごはんを冷凍しておく人に嬉しいのは、冷凍用ごはんメニューがあることこのメニューで炊飯すると、解凍した時にごはんがパサつかず、レンジで加熱した時にもベタつきが少ない。

調理モードを使えば、炊飯器に材料を放り込んでスイッチを押すだけの「ほったらかし料理」も可能。JPK-A100Wは5.5合炊き、JPK-A180Wは1升炊き。

価格:オープン価格

JPKシリーズ紹介ページ(タイガー公式サイト)
JPK-A100W取扱説明書

料理はトレイに乗せて各自で配膳

料理はそれぞれの分をトレイに乗せ、テーブルに出そう。食事が終わったら各自がトレイごと食器を運んでくれれば、一気にテーブルが片づく。 大した差ではないように思えるが、 食器を洗いを始める心理的なハードルが下がる!

KINTO プレイスマット Lサイズ

木の風合いを生かしたトレイで、軽くて使いやすい。普通の配膳用トレイはフチが90度に立ち上がっているが、これはフチのカーブが緩やかなので、ランチョンマットの様な雰囲気で使える。

ティータイム用、軽食用など、用途に合わせて5種類のサイズがあるが、食事用なら430×330mmのLサイズがいい。

参考価格:2,970円(税込)

■サイズ:220×120、365×14.5、270×200、360×280、430×330 ■カラー:チーク、バーチ、ウィローブラック 

リネンコーティングトレイ Lサイズ

リネンをそのままコーテイングしてトレイにしているので、自然な風合いが他にはない雰囲気。それでいて水洗いOK、食洗器でも洗えるという優れもの。

リネンの色は、ナチュラル色のほか、藍色、ストライプ柄、ブルーやピンクのチェック柄など10種類あり、食卓の雰囲気に合わせて選べる。

参考価格:2,530円(税込)

■サイズ:S 21.5×12.5×1.4、M 33×23×1.5、L 39×27×1.7、円形(直径24) ■カラー:ナチュラル、ジョージ、グレーホワイトストライプ、ブルーホワイトチェック、ブルーホワイトストライプ、ネイビーホワイトチェック、ベン

掃除・洗濯の時短

バスタオルは薄手・速乾で時短

洗濯の手間を考えたら、バスタオルは薄手のガーゼタオルが最強だ。吸水力があるのに乾くのが早く、しかもかさばらなくて収納スペースもとらない。旅行の時にも重宝する。

天衣無縫 四重ガーゼタオル

オーガニックコットン100%のガーゼを4枚重ねしたバスタオル。軽くてふんわりした肌触りで、吸水力も抜群。使い込んでいくと更に柔らかくなり、吸水力も増す。サイズは80cm×120cm。カラーはオフホワイト、ブラウン、グリーン(染色ではなく、綿花そのものに色のついたカラードコットンを使用)。

参考価格:3,300円(税込)

掃除機は軽さを最優先

家の床のほとんどがフローリングで、カーペットはほんの一部という場合、吸引力が売りの掃除機は必要ない。ホコリや髪の毛などを吸い込むだけなら、吸引力より、軽くて小回りが利くものを選んだ方がいい。

マキタ 充電式クリーナー CL107FDSHW

このスティッククリーナー、本体の重さがなんと1.1kgしかないので、床だけでなく、階段や壁、天井などの高い場所も、片手で楽に掃除ができる。

紙パック式なので、コミ捨ても簡単だ。使用可能時間が25分(強モードでは12分)と短いが、充電が22分で完了するので、長時間の充電が必要なタイプより使い勝手がいい。

標準小売価格 20,000円(税別)

最強の掃除道具モップを使う

ドライモップ(水を使わないモップ)は、最強の掃除道具だ。 狭い隙間、おうとつのある場所など、あらゆる所に入り込んで、ホコリを取り去ってくれる。

フローリングの床はもちろん、巾木、カーテンレールの上、ブラインド、照明器具、ベッドの下、棚に置かれた本や写真立ての上など、モップ1本でどこでも掃除できる。

掃除機を使って狭い場所や巾木を掃除する時には、ヘッドを細いノズルに付け替えなければならないが、モップなら、そんな面倒な作業は必要ない。

ダスキン「おそうじベーシック3」

「おそうじベーシック3」は、ダスキンのモップレンタルの基本セットだ。床そうじ用のフロアモップ、柄が短くて棚やブラインドなどの掃除に便利なハンディモップ、モップで集めたゴミや、モップに付いたホコリを吸い取るスタイルクリーナーがセットになっている。

このセットがあれば、掃除機の出番はほとんどない。スキマ時間にさっと掃除ができるし、軽くて扱いやすいので、子どもにも掃除のお手伝いをさせやすい。

ダスキンのモップで掃除
ダスキンのフロアモップ

おそうじベーシック3のレンタル料は、4週間1,925円(税込)。
家中を楽に掃除できるとは言え、1,925円は高すぎる、と思うかもしれないが、モップ掃除未体験の人は、ぜひ一度試してみてほしい。

ダスキンのお試しキャンペーン
東京都内:フロアモップ、ハンディモップ、空気清浄機を2週間、無料でレンタルできる。
関東・甲信越・中国・四国地方:フロアモップ、スタイルクリーナーを2週間、無料でレンタルできる。

ダスキンのサイトで
»東京都内:お試しキャンペーンの詳細を見る
»東関東・甲信越・中国・四国地方:お試しキャンペーンの詳細を見る

掃除の手間なし加湿器

像印スチーム式加湿器

加湿器で一番面倒なのは、なんといっても掃除。喉がカラカラになっても、掃除がイヤで、家に加湿器があるのに使わず冬を過ごした過去がある私が、掃除嫌いの人に自信を持っておすすめすのが、この加湿器だ。

象印だけあって、構造は電気ポットそのもの。フィルターもなく、とても単純な作りなので、掃除の手間はほとんどない。

容器の中のお水をすべて沸騰するまで温め、それを65度まで冷まして蒸気にするので、蒸気もきれいだし、容器自体も常に熱湯で殺菌されて衛生的な状態だ。

お湯を沸騰させるのに電気代がかかり、それが唯一の欠点だが、ひと冬で何百円かの差なので、掃除に時間をかけたくない人は、このタイプの加湿器を選んだ方がいい。

価格:オープン価格

EE-PRシリーズ紹介ページ(象印公式サイト)

スマホで時短

要約サイトで時短読書

本の要約サイトflier

読書をしたいけれど時間がない、という人におすすめなのが本の要約サイトflier(フライヤー)だ。ビジネス書を中心とした実用書の要約が1,900冊も掲載されていて、どれも10分でサクッと読める。

要約を音声で聞くこともできるので、ながら読書も可能。flierの詳しい使い方、キャンペーン情報は下の記事で紹介している。

仕事に必要な本を要約サイトで読む仕事の本のおすすめを要約サイトで読む:仕事が楽しくなる10分読書

ドアは鍵を使わずに開ける

家のドアを開けようと、バッグの中のカギを探すが、なかなか見つからない。あの不毛な時間をどうにかしたいと思っていたが、車のようなスマートロックにするには、工事が必要だろうと諦めていた。

ところが、工事が必要ないどころか、自分で簡単に取り付けられるスマートロックがあることを知り、さっそく試してみた。

Qrio Lock

Qrio Lockはハンズフリーのスマートロックだ。スマホをバッグやポケットに入れておくだけで、ドアに近づくと勝手に開錠される。

オートロック機能もあり、ドアが閉まったことをセンサーが感知すると、自動的に施錠される。

こんなすごい機能があるのに、工事は不要。ドアに穴を空けることもなく、今あるカギに後付けできるので、賃貸物件でも使える。どんなタイプのカギなら後付け可能かは、公式サイトでチェックできる。

Qrio Lockの公式サイトを見る

スマホを操作するだけで、キーのシェア(合鍵の発行)も簡単にできる。利用期限を設定したら、合鍵を渡したい相手に招待メールを送るだけだ。

スマホがない場合には、別売りのQrio Keyを購入して持っていれば、同じように開錠・施錠ができる。スマホを持たない子ども用として購入している人が多い。

外出先からQrio Lockを施錠・開錠したい、カギが操作されたら通知を受け取り、家族の帰宅確認をしたい、という場合には、別売りのQrio Hubを使えば簡単に操作できる。

Qurio Lock…本体 参考価格:25,300円(税込)
Qurio Key…リモコンキー(別売)
Qurio Hub…リモート操作用デバイス(別売)

時短・まとめ

時短で肝心なことは、まず発想を転換をすること。固定概念にとらわれないこと。

包丁を使わずハサミで切る、 トイレはブラシで掃除しない(カビキラーをスプレーするだけ)、洗濯が終わった服はたたまずボックスに放り込む、乾燥機に入れられない服は買わない…。

世の中の常識にとらわれず、自分流のやり方で、時短グッズも使いながら楽に暮らそう。