タイピング初心者の練習方法:1日10分×6週間、3ステップで完成

1日10分 タイピング練習方法

タイピング初心者なら、だれでもが考えること。最も少ない練習時間で、速く正確にタイピングができるようになりたい。この希望を実現するのが、この記事の目的だ。

練習時間は1日10分×6週間。
到達目標はブラインドタッチ(タッチタイピング)だ。

簡単に説明すると、世界の2300万人以上の学生が使っている効率的な練習方法で、短期間で英語タイピングを習得し、そのあとで、ローマ字入力による日本語タイピングをマスターするというやり方だ。


考え抜かれた練習方法

今のキーボード配列が考え出されたのは100年以上も前のこと。それ以来、欧米ではタイピングのテクニック、タッチタイピングの習得方法、教育方法について、様々な試行錯誤が重ねられ、今に至っている。

こうして開発された効率の良いメソッドで練習すれば、初心者もすぐにタッチタイピングまでたどり着ける。

レトロなタイプライター
タイピングの練習方法は、レトロな
タイプライターの時代から考えられてきた

一方、日本のタイピング練習でよくあるように、いきなりローマ字でタイピング練習をスタートして、しかも、食べ物や国の名前などを入力していく練習方法は、かなりの回り道だ。タイピングテクニックや練習方法の開発で培われた100年の知恵を放棄している感じだ。

既にローマ字入力でタイピング
の練習を始めている人へ

この記事の読者は、既に練習をスタートしている人がほとんどだと思うが、今の自分のやり方がベストかどうか、一度検証してみてほしい。

タイピング練習について考えるポイントを3つ書いてみた。

ローマ字を入力するのが速い=タイピングが速い ではない

ローマ字入力でタイピングをする時は、以下のような動作が必要だ。

  1. ローマ字を入力する
  2. Spaceキーで、かな・漢字に変換する
  3. 変換候補を選び、Enterキーで確定する
  4. 入力した文字が間違っていたらBackspaceキーやDeleteキーで削除する

この一連の動作を素早くできることが、タイピングが速いということになる。
当たり前のことだが、「タイピングが速い」と「ローマ字を入力するのが速い」はイコールではない。

英語タイピングでも、ローマ字入力と同じような動作が必要だ。

  1. 単語を入力する
  2. 単語と単語の間にはSpaceキーでスペースを入力する
  3. Enterキーで改行する
  4. 入力した文字が間違っていたらBackspaceキーやDeleteキーで削除する

タイピングの練習サイトは万能ではない

ネットで探すと、タイピング練習サイトをたくさん見つけることができる。腕試しができたり、色々なテーマの言葉で練習ができたりと楽しいので、何度もチャレンジして、これで練習すれば大丈夫、と思ってしまう。

しかし、こうしたサイトで練習できるのは、日本語タイピングの場合、ローマ字を入力する練習だけだ。変換、確定、削除といった、タイピングに必要な一連の動作を含めた練習、つまりタイピングの練習はできない。

タイピング練習サイト
ローマ字を続けて打つだけの練習では
タイピングはなかなか上達しない

ちゃんと練習しているのに上達しないのはなぜか

せっかくタイピングの練習を始めても、上達までに時間がかかる人がいる。そういう人は、こんな方法で練習をしている場合が多い。

  • タイピング練習サイトで、キーの場所をだいたい覚える
  • その段階で、すぐにローマ字入力の練習をスタートする
  • 腕試しやタイピングゲームは楽しいので、よく練習するようになる

数カ月間練習したのに

  • 入力ミスが多い
  • 自己流の指づかいで打ってしまう
  • なかなか仕事で使える速さで打てるようにならない

タッチタイピングを目指す
最短の練習方法とは

途中で伸び悩んだりしない、効率の良いやり方とは、次の3ステップをしっかり分けて、順番どおりに練習していく方法だ。

  1. 英語タイピングでタッチタイピングを習得する
  2. タイピングに適したローマ字を覚える
  3. ローマ字入力でタッチタイピングを習得する

なぜこの3ステップで練習すべきなのか、簡単に説明していこう。

最初に英語タイピングをマスターする理由

英語タイピングなら
アルファベットのキーの位置を覚えることに神経を集中できるから

タイピングを始めたばかりの初心者がローマ字入力をすると
1.キーの位置を覚える
2.ローマ字表記を思い出す
という2つのことに注意が分散してしまう。

だから、まず英語タイピングでキーの位置を完全に覚えて、ローマ字入力は次のステップにした方がいい。

更に日本語タイピングでは、「ローマ字で入力した単語をかなと漢字に変換する」という特有の動作も必要で、タイピング初心者がいきなりチャレンジするにはハードルが高い。

一方、記事の冒頭でも書いたように、英語タイピングには考え抜かれたメソッドが存在するので、すぐにキーの位置を覚えて、タッチタイピングまでマスターすることができる。

英語タイピングでタッチタイピングができるようになれば、あとほんの少しの努力でローマ字のタッチタイピングまでたどり着ける。

数字で表すと、ステップ1に費やす時間と努力が70%、ステップ2が15%、ステップ3が15%といった感じだ。

3ステップでタッチタイピングを習得

英語タイピングの習得方法

英語タイピングの練習サイトは無数にあるが、最も優れた練習方法を採用していて、日本語にも対応しているサイトで練習しよう。

Step1 英語タイピングの練習なら
TypingClub を選ぼう

レッスン時間は1日10分×4週間が目安

世界の2300万人の学生、5万以上の学校とコミュニティ、30万人以上の教師に使われているのが、TypingClub(タイピングクラブ)というタイピング練習サイトだ。おすすめの理由はこれ!

  1. 最も効率の良い練習方法を採用
  2. レッスンメニューは684もあり、飽きずに続けられ、しかも無料
  3. 練習結果を指ごと、キーごとなど細かく分析してくれる

世界中の人がこのサイトで練習をしているので、ぜひ使ってみよう!もちろん日本語にも対応している。

TypingClub の日本語化の方法や使い方をまとめた記事があるので、この記事とセットで読んで、練習を始めてほしい。

typing club 日本語ブラインドタッチができない:その悩みはTypingClubが解決

タイピングに適したローマ字とは

ローマ字には訓令式、ヘボン式、日本式という3種類の表記方法があるが、今、学校で習うのは訓令式だ。一方、街で見る看板などにはヘボン式が使われていることが多い。

もし使い慣れている表記方法があるなら、それを使えばいいが、これからローマ字を覚え直すという場合は、訓令式とヘボン式が混ざった、タイピングに適したローマ字を覚えよう。

入力するキーの数が少ない、左右の指を使う、指の基本ポジションに近いというローマ字が、タイピングには適している。これを一覧表にしたので、必要な人は参考にしてほしい。

Step2 ローマ字を覚えよう

レッスン時間は1日10分×1週間が目安

  1. まず、ローマ字表を見ながら「あいうえお」から順番に入力してみよう。
  2. 入力しにくい文字があったら、別の表記がないか探してみる。例えば「ちゃ」はTYA、CHAどちらでもいいので、打ちやすい方を使おう。
  3. イータイピングや寿司打など、タイピング練習サイトを使ってもいい。ローマ字を覚える目的なら、変換・確定・削除の練習ができないサイトでも大丈夫だ。
  4. 自分が打ちやすい表記をまとめて、自分専用のローマ字表を作ってみよう。

エアタイピングでも練習できる

ステップ2まで終われば、最終目標まであと少し。もう練習サイトやアプリ、教本などに頼らなくても、自分で練習ができる。

Step3 ローマ字入力での
タッチタイピング完成!

レッスン時間は1日10分×1週間が目安

  1. 雑誌や書類などの文章をタイピングしてみよう。
  2. 自分の考えを、そのままタイピングで文章にしてみよう。
  3. パソコンがない時には、エアタイピングで練習してみよう。キーボードが手元にあるつもりで指を動かし、頭に浮かんだ言葉や文章をタイピングしてみる。忙しい人には特におすすめだ。

指先は絶対に見ない、というルールだけを守って練習を続ければ、あっという間にローマ字でのタッチタイピングも完成する。

まとめ

時間を無駄にしたくない初心者の人は、ぜひ、この練習方法にチャレンジしてみてほしい。タッチタイピングの技能は、あなたの未来を切り開く!

TypingClubの使い方、日本語への切り替え方法をわかりやすく解説した記事はこちら↓

typing club 日本語ブラインドタッチができない:その悩みはTypingClubが解決

»TypingClubのサイトを見る