エアアジアのWebチェックイン:できない人も必ずわかる詳細ガイド

エアアジアのウェブチェックインの方法

この記事ではエアアジアのウェブチェックインができない、チェックインの方法がわからないモバイルチェックインとの違いがわからない、という人のために、間違えやすいポイントについて解説した。

エアアジアのWeb(ウェブ)チェックインとは、出発日より前に、オンラインで搭乗手続きを行えるサービスのことだ。事前にウェブチェックインを済ませておくメリットは、空港での待ち時間の短縮と、早めの座席確保、この2点だ。

Webチェックインが
できる期間

Webチェックインができる期間は、エアアジアのグループ会社によって異なるが、14日前からチェックインが可能な場合が多い。

ウェブチェックインの開始日

往路と復路で開始日が異なる

エアアジアには往復チケットという概念がないので、行きのフライトと帰りのフライトは、別の日にウェブチェックインが開始になる。また、チェックインの開始時間はフライトの出発予定時刻を過ぎてからだ

フライトの日時によって、チェックイン開始時間は以下のようになる。

フライト日時チェックイン開始
往路10/15 09:00発10/01 09:00以降
復路10/20 11:00発10/06 11:00以降

Webチェックインの例外に注意

フライトの14日前に開始されるウェブチェックインだが、グループ会社や発着地によって、若干の違いがある。

航空会社チェックイン期間
AK  FD QZ
Z2 DJ
出発14日前~1時間前まで
(中国発は出発2時間前まで)
D7 XJ出発14日前~4時間前まで

例外もいくつかあり、10日前にしかウェブチェックインできない場合や、ウェブチェックイン自体ができない便もある。

  1. タイ、オーストラリア、ニュージーランド、サウジアラビア、ミャンマー発着のフライトのウェブチェックインは、出発の10日前から1時間前まで
  2. アメリカ発着便はウェブチェックインができない(関空-ホノルル便もウェブチェックインができない)
  3. エアアジアジャパン(DJ)で、非常口席を予約した人はウェブチェックインができない

Webチェックインの方法

Webチェックインの画面にアクセス

ウェチェックインの画面には2つの方法でアクセスできる。

  1. エアアジアから届く旅程表のメールを開き、Webチェックインをタップする
  2. エアアジアのウェブサイトでBIGメンバーとしてログインする
    モバイルでは画面右上にある人型のアイコンをタップ。デスクトップではBIGログイン/登録をクリック

アクセスした時点でまだWebチェックインが開始されていないと「Webチェックインは7日後からご利用いただけます」「45時間後からご利用いただけます」といったメッセージが表示される。

座席を確認する

有料で座席指定をしていない場合は、ウェブチェックインをした時点で自動的に座席が割り振られる。

もし割り振られた座席が気に入らず、座席指定の料金を払ってでも移動したいという場合、早めにチェックインをしておけば、まだ移動できる席が残っている可能性が高い。

それに対して、ウェブチェックイン締め切り間際、あるいは出発当日に空港でチェックインをした場合は、他に座席が空いておらず、移動できないこともある。

自動で割り振られた座席を変更したい場合は、予約の管理画面から行う。

予約の管理画面から座席指定などのオプションを追加する方法は、下の記事が参考になる。

エアアジアをエクスペディアを通して予約エアアジアをエクスペディアで予約する:その前に知っておくべきこと

搭乗券を印刷する

ウェブチェックインが完了するとバーコードの付いた搭乗券を入手できる。できればこれを印刷しておく。特に帰りの便(海外発の便)については、必ず印刷しておこう。理由は、この先に説明あり。

空港での手順

日本では必ずチェックインカウンターに立ち寄る

日本の空港では、航空会社の職員が搭乗者のパスポートを必ずチェックするシステムになっている。そのため、ウェブチェックインを済ませていても、一度、エアアジアのチェックインカウンターに立ち寄る必要がある。

ウェブチェックインを行うと、搭乗券のバーコードを取得でき、自分で印刷もできるが、この搭乗券は実際には使わず、チェックインカウンターで改めて、紙の搭乗券をもらうことになる。

日本の空港では、チェックイン済みの列と、チェックインをしていない人の列がほとんどの場合分かれていないので、出発当日、長い列に並ばなくていいというメリットはない。

空港でもらえるボーディングパス
日本発の便では空港カウンターで
紙のボーディングパス(搭乗券)をもらう

警告メッセージが出ていても心配なし

日本発の便で、預け入れ荷物がない場合、チェックイン画面に下のような文章が表示される。
警告!空港カウンターでお客様の書類を確認させていただく必要があります。
赤字で、いかにも警告という感じで表示されるので驚く人も多いが、上で説明したように「日本発の便では、必ずチェックインカウンターに立ち寄ってください」という意味だ。

海外発はWebチェックインの
メリット大

ウェブチェックインを済ませておけば、海外の空港では、エアアジアのチェックインカウンターに立ち寄る必要がなく、直接、保安検査場へ行くことができる。

この場合、事前に搭乗券を印刷しておく必要がある。キオスクと呼ばれる自動チェックイン機でも印刷できるが、すべての空港に設置されているわけではないので、念のために印刷しておいたほうがいい。

預け入れ荷物がある場合には、海外の空港であっても、一旦エアアジアのチェックインカウンターに立ち寄って、荷物を預ける。

海外では、チェックイン済みの列と未チェックインの列が分かれていることが多いので、預け入れ荷物があってカウンターに並ぶ場合、チェックイン済みの方が断然早い。

Webチェックインをしなかった場合

ウェブチェックインをしなくても、出発当日、空港で搭乗手続きを行えば、問題なく飛行機に乗ることができる。


荷物は機内持ち込みだけにしたい。しかし7kg以内におさめるには、バッグも超軽量にする必要がある。この記事では、エアアジアの機内持ち込みサイズに対応した2kg以下のスーツケースを特集

LCCの機内持ち込み手荷物のサイズLCC機内持ち込みサイズ:22社の一覧とおすすめ超軽量スーツケース

まぎらわしい
モバイルチェックイン

エアアジアには、厳密に言うと3つのチェックイン方法がある。

  1. Webチェックイン
  2. モバイルアプリでのチェックイン
  3. 空港カウンターでのチェックイン

Webチェックインはここまで説明したとおり。3番目の空港カウンターでのチェックインは、出発当日に空港カウンターでチェックインをする従来型のスタイルだ。

モバイルチェックインとは

2番目のモバイルアプリでのチェックインというのが、少々わかりづらい。エアアジアのアプリを使ったチェックインのことだ。

モバイルチェックインをすると、e搭乗券を受け取ることができる。このe搭乗券があれば、海外からの便の場合、カウンターに立ち寄る必要がなく、そのまま保管検査場へ進むことができる。

e搭乗券が発行されないこともある

モバイルアプリでチェックインを行っても、e搭乗券が発行されず、搭乗券を印刷するためのバーコードだけが発行される場合がある。

この場合は、空港内のキオスク(自動チェックイン機)で、受信したバーコードを読み取ると、搭乗券の印刷ができる。

キオスクは、マレーシア、インドネシア、タイ、インド、フィリピン、シンガポール、日本の空港内に設置されている。キオスクでは、搭乗券の他、預け入れ荷物のタグも印刷できる(日本の空港では、搭乗券の印刷のみ可)。

空港での時間を短縮したいなら、日本にいる間に、帰りの便の搭乗券を印刷しておくほうがいいと思う。