お店への予約電話をアプリが代行。自分で電話する必要なし

アプリでレストランを予約する

今の時代、ネットで何でも予約できそうだが、実際にはレストランや美容室、病院などの中には、電話予約しか受け付けていないところも多い。

電話予約しかできない場合、お店の営業時間外や、電車で移動中、会議中など、電話ができない状況だと、予約の機会を逃してしまう。

電話予約ができる状況であっても、あえて電話を使いたくないという人も多いだろう。相手の顔が見えないし、会話の「間」の取り方も難しいし、ましてやお店の予約となると、まったく知らない相手と話さなくてはならない。

この記事では、レストランを予約する時に、電話予約が不便だと感じている人、そもそも電話予約をしたくないという人に必要不可欠なアプリを紹介する。

AIがレストランを予約する
AutoReserve

AIが、あなたに代わってレストランに予約の電話をしてくれる、というのが無料アプリのAutoReserve(オートリザーブ)だ。

使い方は簡単、
1分でセッティング完了

場所、料理のジャンル、店名など、希望の条件でレストランを検索し、予約したいお店が決まったら、日付と時間、人数を指定して予約リクエストボタンを押すだけ。

すると、AIが自動的にお店に予約の電話を入れてくれる。

要望も書き込める

お店への要望を書き込む欄もあるので、「静かな席を希望します」「店の奥の席をお願いします」など、電話だとちょっと言いにくいようなことも書き込める。

要望を書き込んで、実際の音声を確認するボタンを押せば、AIの自動音声を確認することもできる。

お店側の反応は?

「AIがかける自動音声の電話で、お店の人は、ちゃんと予約を取ってくれるのだろうか」と心配する人もいると思うが、今まで3軒のレストランの予約をしたが、特に問題はなかった。

アプリのレビューを読むと、AIからの電話に驚いているお店もあるようだが、多くのお店は「なるほどね、こういう時代なんだね」と受け入れている様子。

使いやすいポイント3つ

1. キャンセルもしてくれる

電話が苦手の人にとっては、予約の電話をするだけでもストレスなのに、予約内容の変更やキャンセルの電話をするなんて、考えただけで気が滅入る。それをアプリがやってくれるのだから気が楽だ。

2. 苦手な食材を登録できる

アレルギーや苦手な食材が多い人は、あらかじめプロフィールに登録しておくことも可能。もちろん、その情報も予約時にお店に電話で伝えてくれる。

3. 予約内容が共有できる

予約した内容は、即座に友だちや食事会のメンバーと共有。幹事にとっては嬉しい機能だ。

予約できないお店も
検索結果に出てくるが…

レストランを選んで予約しようとすると「予約できません」(要望15件)というメッセージが表示されることがある。

人気店で、予約を受け付けていないお店の場合、この表示が出る。ただし、予約受付要望が50件以上になったら、予約枠をもらえるようにオートリザーブが交渉してくれるのだ。

交渉がうまくいったら、要望したユーザーの中から順番に予約を取ってくれるシステムになっている。

電話をしない人が増えている今、こういうアプリやサービスは必要不可欠だと思う。電話なしで予約できるお店がどんどん増えてほしい。

AutoReserve - AIが予約代行するグルメアプリ

 

AutoReserve – AIが予約代行するグルメアプリ

posted withアプリーチ